探偵になるために・・・

探偵になるために必要な勉強とは

学校では国語、数学、英語など既に用意された教科を勉強することで知識を蓄えていきますが、探偵の場合には決まった教科や科目を勉強したら知識が蓄えられるということはありません。
そもそも、教科や科目といったものは無いと言っていいでしょう。
では、探偵の勉強、探偵学校などを勉強することはいったいなんでしょうか?
それは技術です。
探偵と言っても、特別な知識が必要なわけではなく、コレまで先人達が研究し実際に調査で使って磨いてきた技術を学ぶことになります。
確かに技術を身につけるためには、その前知識として勉強しなくてはならない事も多数あります。しかし、どこの探偵学校へ勉強しに行ったとしても、そこで教えられることは、直ぐに実際の調査へ出ても使うことが出来るものばかりです。
簡単に探偵学校をいうなら、職業訓練といったほうがしっくりくるかもしれません。
実践で直ぐに使うことが出来る知識だけではなく、探偵は様々な機材を調査で利用します。そのため調査で使う機材の詳しい使用方法から、整備の仕方など必要なことを学んでいかないといけません。
最近ではアナログの機材が少なくなり、デジタルのものが増えてきているので覚えるのが簡単になった一方で、また別の専門知識が必要になるというジレンマもありますが、これが探偵が勉強するべきことです。