少年や少女探偵は実在する?探偵になるために適した年齢とは

探偵といえば、あなたはどのような人物をイメージするでしょうか。
漫画や小説、テレビドラマなどによって、少年や少女が探偵として活躍する姿を想像する方もいるかもしれません。


しかし、実際に探偵として活躍している少年少女がいるのかということや、どれくらいの年齢層が多いのかなど、知ることができる機械は極めて少ないでしょう。
他にも、中には自分も探偵になってみたいが、年齢的にどうなのだろうという疑問を持たれている方もいるかもしれません。


そこでこの記事では、探偵になるために適した年齢についてわかりやすく解説していきます。

少年少女探偵は実在するのか

探偵というと、大きな事件を軽やかに推理して解決する華やかなイメージや、派手な追跡、調査などをイメージされる方も多いでしょう。


しかし、実際の探偵業務は、どちらかといえば影で活躍し、地道にコツコツと行う調査がほとんどです。
刑事事件に繋がるような危険な調査を請け負うこともできないので、警察と肩を並べて殺人事件の解決に取り組む、なんてことはないのが現実です。


同じように、少年少女の探偵が存在して活躍している、ということもほぼありえません。
その理由として、探偵業は深夜の調査も多く、18歳未満は雇えないことが多いことがあげられます。


例えば、証拠が取れるかどうかという場面で、遅い時間になったため調査から抜けられてしまったら困ってしまいますよね。
日中しか出られない未成年を雇うのなら、フットワークの軽い20歳以上の成人の方が探偵として活躍できるので、アルバイト求人も年齢を20歳以上とした募集がほとんどです。
また、探偵は自動車や二輪を調査に使用することが多く、免許を持っていないと尾行も困難です。


では、なぜここまでイメージと現実の差が激しいのかというと、探偵という職業は、秘匿性が高い仕事のため、調査の内容を知られることが少ないということがあげられます。
その上で、ドラマやアニメ、映画などのメディアで少年少女が探偵になったり、派手で華やかな探偵が出てきたりしたことで、ついそういった探偵をイメージしてしまうようになったのでしょう。


探偵には、その特殊な業務内容から、適した年齢の目安があります。
とは言っても、基本的には、成人さえしていれば幅広い年齢の人が探偵になれます。


ただし、あまり年齢を重ねていると、体力的な問題が出てくるかもしれません。
探偵は、長時間に及ぶ張込みや尾行をすることも多く、その日の環境によってはかなりの体力を必要とする場合があります。
そのため、20代〜40代程度が探偵には適齢だと思われます。


関連記事